JAグループ千葉 もっと安心農産物
トップページ しくみ 品目の窓 産地の窓 お知らせ リンク お問い合わせ
だいこん  
アブラナ科の1・2年草で、日本では古くから各地でいろいろな品種がつくられていましたが、現在では青首だいこんが全国的に普及していす。青首だいこんは、地表に出ている部分が緑色になるので見た目がよく、適度な大きさで作りやすいことから全国的に広まりました。生食・煮物・漬物に利用されます。
・根部はビタミンC、葉はビタミンA(カロテン)、B2、C、カルシウム、鉄分、食物繊維の宝庫です。肌を丈夫にきれいにし、便秘にも効果的です。
・根に含まれるデンプン消化酵素のジアスターゼとオキシターゼを含む。ジアスターゼは炭水化物の消化を助ける。オキシターゼは発ガン物質を分解したり、たんぱく質や脂肪の消化を助ける。
※和風のイメージですが、洋風のバター煮にしても美味しいです。
※煮物・サラダ・味噌汁・おでん・鍋物・漬物・和風ハンバーグのたれ・焼肉のたれなど
だいこん
取り組み産地一覧
JA グループ名
市原市

姉崎蔬菜組合(春どり)

市川市

船橋地区もっと安心農産物生産G(春どり)
船橋地区もっと安心農産物生産G(冬どり)

多古町 園芸部大根部会もっと安心生産班
ちばみどり

銚子野菜連合会(冬どり)
銚子野菜連合会(春どり)
銚子野菜連合会(初夏どり)
飯岡野菜部会(冬どり)
飯岡野菜部会(春どり)
飯岡野菜部会(初夏どり)
海上産直部会(冬どり)
海上産直部会(春どり)
海上野菜組合(冬どり)
海上野菜組合(春どり)

前ページへ
Copyright © 2003-2005 JA Group CHIBA  All Rights Reserved.
JA全農ちば・ホームページ