JAグループ千葉 もっと安心農産物
トップページ しくみ 品目の窓 産地の窓 お知らせ リンク お問い合わせ
かんしょ  
さつまいもは春から秋にかけて新しいものが、冬から翌年春までは貯蔵ものが出回ります。この新物と貯蔵物を合わせて1年中供給されます。さつまいもの成分の多くはでんぷん質で、収穫後土の中に貯蔵することででんぷん質が糖化し、肉質・食味とも優れた状態になります。新物の味が劣るかというとそうではなく、掘りたての風味を楽しめます。
・健康食品です。主成分は糖質ですがビタミンB1を多く含むことから比較的エネルギーの燃焼効率が良い。
・さつまいもを切ると切り口から白い液体がにじみ出ますが、これはヤラピンと呼ばれる成分で整腸作用があります。ヤラピンは皮と肉の間に含まれているため、皮のまま食べたほうが効果的です。
・さつまいもは、時間をかけて加熱することで、でんぷん質が糖化し、より一層甘くて美味しい味わいが楽しめます。
・便秘予防、大腸がん予防、ストレス解消、高血圧予防、解毒などの効能があります。
※蒸かし芋、焼き芋、天ぷら、煮物、汁の具、デザート類と幅広く利用できます。
取り組み産地一覧
JA グループ名
山武郡市 もっと安心農産物生産グループ
かとり 香取西部園芸部甘藷育成研究会
前ページへ
Copyright © 2003-2005 JA Group CHIBA  All Rights Reserved.
JA全農ちば・ホームページ