JAグループ千葉 もっと安心農産物
トップページ しくみ 品目の窓 産地の窓 お知らせ リンク お問い合わせ
JAちばみどり 旭ミニトマト部会
品目 ミニトマト JAちばみどり ミニトマト
作型 促成
登録日 平成29年4月7日
登録回数 15回
             
    生産組織   品目    
         
    ・千葉県の北東部に位置する旭市は、九十九里浜沿いの海抜10メートル以下の平坦な地形で、四季を通じて温暖な気候になっております。温暖な気候と平坦な地形を活かし施設栽培が盛んに行われています。(冬季のきゅうり・夏季のトマト・いちごなど)        
      ■品種 サンチェリーピュア、花鳥風月    
             
    栽培の特徴   出荷販売情報    
    「もっと安心農産物」導入に伴い、農薬は使用回数、肥料については窒素成分量の上限をきちんと定めて栽培しています。        
   
■統一栽培暦PDF表示
■化学窒素成分量(kg/10a) 28.5kg
参考:慣行の1/2量 28.5kg
■化学合成農薬使用(成分)回数 40回
参考:慣行の1/2回数 23回
■栽培記録簿  
 
■出荷計画数量 525,967kg
■出荷開始(予定)日 10月下旬
■出荷終了(予定)日 6月中旬
■出荷先 卸売市場
 
   
             
    生産・出荷・販売の状況    
         
             
    産地取り組み体制   JA詳細情報(HPリンク)    
   
■産地責任者 JAちばみどり
代表理事組合長 間渕 誠一
■生産行程管理責任者 旭ミニトマト部会
部会長     伊藤和浩
JAちばみどり営農センター旭
営農振興次長 崎 山 茂
■販売(格付け)責任者 JAちばみどり 営農センター旭販売課長 明智 俊哉
■情報開示責任者

JAちばみどり 営農センター旭
センター長  椎名 康夫

■内部検査者

JAちばみどり 
営農部部長 向 後  正

  ホームページ:JAちばみどり    
             
Copyright © 2003-2005 JA Group CHIBA  All Rights Reserved.
JA全農ちば・ホームページ