JAグループ千葉 もっと安心農産物
トップページ しくみ 品目の窓 産地の窓 お知らせ リンク お問い合わせ
JA成田市 園芸部すいか部会
品目 すいか
作型 ハウス
登録日 平成28年10月5日
登録回数 12回
             
    生産組織   品目    
         
    昭和55年から空港周辺地域の農業振興策定を手掛ける。集落座談会を重ね昭和56年に出荷組合代表者会議を経て、園芸部設立準備委員会を発足。同年の12月に7出荷組合、137名による3専門部会で成田市農協園芸部がスタートした。その後9組合が加入したが、高齢化や空港2期工事で移転による離農で組合員が減少し、平成17年度では、120名となっています。今では、大根、人参、ゴボウ、バンタム、甘薯、クリームすいか等部会品目が増え、活動も設立当初よりもおこなっている。   品種は「こがね」を取り入れています。黄色の大玉でハウス栽培では1玉10kg程度までになり 、糖度は12度と安定しています。
   
      ■品種 こがね    
             
    栽培の特徴   出荷販売情報    
    堆肥を主体とした土づくりを行っています。
施肥前に土壌診断を実施し施肥設計を行います。病害虫防除は、基準防除暦に沿って行います。
  基本的に卸売市場を中心に出荷しますが、量販店にも直接販売しています。    
   
■統一栽培暦PDF表示
■化学窒素成分量(kg/10a)
0kg
参考:慣行の1/2量 10.5kg
■化学合成農薬使用(成分)回数 8 回
参考:慣行の1/2回数 8 回
■栽培記録簿
 
■出荷計画数量 220,000kg
■出荷開始(予定)日 5月中旬
■出荷終了(予定)日 6月上旬
■出荷先 卸売市場
 
   
             
    生産・出荷・販売の状況    
         
             
    産地取り組み体制   JA詳細情報(HPリンク)    
   
■産地責任者 JA成田市
代表理事組合長 設楽 憲一
■生産行程管理責任者 JA成田市 園芸販売課課長
小林 久
■販売(格付け)責任者 JA成田市 
園芸販売課課長代理 
窺 健児
■情報開示責任者

JA成田市 
園芸販売課課長代理 
田上 武夫

■内部検査者 JA成田市  監査室室長
石原 弘之
  ホームページ:JA成田市    
             
Copyright © 2003-2005 JA Group CHIBA  All Rights Reserved.
JA全農ちば・ホームページ