JAグループ千葉 もっと安心農産物
トップページ しくみ 品目の窓 産地の窓 お知らせ リンク お問い合わせ
JAちばみどり そうさ園芸部 エコ葉物部会
品目 こまつな
作型 夏どり
登録日 平成28年10月5日
登録回数 14回
             
    生産組織   品目    
         
     そうさ園芸部は、平成7年に匝瑳郡市1市2町の生産者により発足し、現在「野菜作りは、土作り」を合い言葉に7支部約340名の生産者で構成されています。都心から、半径70kmという好立地を生かし、日本農業賞大賞を受賞したねぎを筆頭にさまざまな 野菜が生産されています。また、こまつなでは平成15年にJAグループ千葉の提唱する「もっと安心農産物」生産・販売運動に参加することとなり、同時に「ちばエコ農産物」への取組みも行っています。
  「もっと安心農産物」生産・販売運動のシステムを活用し、統一栽培基準に基づく生産や、 栽培履歴の記帳、生産情報の開示等を行い、消費者の皆様に農産物だけでなく、安心・安全をお届けしたいと考えます。
   周年、真空予冷装置を用いた予冷により、鮮度保持には万全な体制を図っています。    
      ■品種 はっけい、いなむら、ちぢみ 他    
             
    栽培の特徴   出荷販売情報    
     野菜づくりは土づくりを第一に考え、優良堆肥を2t/10a以上を投入しています。また、土壌診断の結果に基づき有機質肥料を主体に施用し、化学肥料の使用低減を図っています。ハウス開口部へ防虫ネットを張り害虫の侵入を防ぐとともに、圃場周辺の除草を行い害虫の密度をさげる等、農薬の使用低減を図っています。    卸売市場を最大限活用した固定客の確保及び、直販による販売先の確保を目指します。
 また、地産地消や食育の観点から、管内学校給食センターへの供給も行っています。
   
   
■統一栽培暦PDF表示
■化学窒素成分量(kg/10a)
5.5kg
参考:慣行の1/2量 5.5kg
■化学合成農薬使用(成分)回数 3回
参考:慣行の1/2回数 3回
■栽培記録簿
 
■出荷計画数量 84,000kg
■出荷開始(予定)日 6月上旬
■出荷終了(予定)日 9月下旬
■出荷先 卸売市場
 
   
             
    生産・出荷・販売の状況    
         
             
    産地取り組み体制   JA詳細情報(HPリンク)    
   
■産地責任者 JAちばみどり
代表理事組合長 間渕 誠一
■生産行程管理責任者

JAちばみどり そうさ園芸部
エコ葉物部会
部会長 大木 幹夫
JAちばみどり
営農センターそうさ
営農振興課長代理
菊間 浩一

■販売(格付け)責任者 JAちばみどり そうさ園芸部
エコ葉物部会
部会長 大木 幹夫
JAちばみどり
営農センターそうさ 販売課長木下 真一
■情報開示責任者

JAちばみどり
営農センターそうさ
営農センター長  向後 満

■内部検査者 JAちばみどり
営農部 部長 向後 正
  ホームページ:JAちばみどり    
             
Copyright © 2003-2005 JA Group CHIBA  All Rights Reserved.
JA全農ちば・ホームページ