JAグループ千葉 もっと安心農産物
トップページ しくみ 品目の窓 産地の窓 お知らせ リンク お問い合わせ
JA富里市 西瓜部28部
品目 すいか
作型 ハウス
登録日 平成28年10月5日
登録回数 14回
             
    生産組織   品目    
         
    JA富里市西瓜部は任意団体を含め300名を越える生産者で構成されており、トンネル・マルチ栽培による集約的整枝栽培と、徹底した熟度管理により、中身を重視した西瓜栽培を行っている。 農協と出荷組合が一致協力して、検査・計画出荷に取り組み、有利販売につなげている。消費者の求める安心・安全な農産物づくりと、環境への負荷を減らした持続可能な農業への行動の一環として「もっと安心農産物」に取り組み、さらには消費者との交流も含めて、産地情報の発信に努めていく。   品種・栽培方法(3本整枝一果どり)を統一し、中身を重視した栽培を行っている。    
      ■品種 紅大 他    
             
    栽培の特徴   出荷販売情報    
    作付け前に堆肥を投入するなど、個々の生産者が土づくりを実践し、地力の増進に努めている。有機質配合肥料を主体にした施肥設計を組み、環境に配慮した生産をおこなっている。施肥前に土壌診断を実施して必要量の施肥を行います。育苗床の面積を十分確保し、ポットを離して置き病気の発生を抑える。アブラムシ・ハダニ防除のためハウス内および周辺の除草を実施する。換気を行い、ハウス・トンネル内の湿度を抜いて病害の発生をおさえる。   農作物が一番おいしい状態で、消費者の手元まで届けたい。    
   
■統一栽培暦PDF表示
■化学窒素成分量(kg/10a)
0kg
参考:慣行の1/2量 10.5kg
■化学合成農薬使用(成分)回数 8回
参考:慣行の1/2回数 8回
■栽培記録簿
 
■出荷計画数量 125,000kg
■出荷開始(予定)日 5月下旬
■出荷終了(予定)日 6月上旬
■出荷先 卸売市場、直売
   
             
    生産・出荷・販売の状況    
         
             
    産地取り組み体制   JA詳細情報(HPリンク)    
   
■産地責任者 JA富里市 
代表理事組合長  根本 実
■生産行程管理責任者

JA富里市 営農指導課長
岩澤 由幸

■販売(格付け)責任者

JA富里市 販売事業課長
小林  孝

■情報開示責任者 JA富里市 営農指導課
齋藤 昌嗣
■内部検査者

JA富里市 営農部長
高山  勇治郎

  ホームページ:JA富里市    
             
Copyright © 2003-2005 JA Group CHIBA  All Rights Reserved.
JA全農ちば・ホームページ